プロジェクターで部屋キャンプは本格的に!? 自然の風景を映しながら食べるメスティン飯は一味違う!

プロジェクター×部屋キャンプアイキャッチ

 近年流行している家キャンプ。
 その中でも最も手軽にできるのが部屋キャンプ、通称”部屋キャン“です。

 しかし、手軽にできる代償として、家の中でキャンプ気分を盛り上げることが最大の課題となっています。

 実は、そのキャンプ気分を大きく盛り上げる道具があります!
 その道具こそ、自宅で映画を見る際に使うプロジェクターです。

 実際にプロジェクターで自然の風景を投影し、良かった点を解説していきます。

 また、キャンプ道具の定番メスティンを使って、鮭のガーリックバターご飯を作ってみました。

 手軽さがウリの部屋キャンに、プロジェクターという仲間を加えて本格的なキャンプにしてみませんか?

この記事を読んでわかること
  • 部屋キャンを本格的にするプロジェクター
  • 部屋キャンの気分を盛り上げるYouTube動画
  • メスティン飯に関する本と実際に作ってみた様子
ゆう

前回の部屋キャンはご飯が固かったけど、今回はおいしく出来上がりました。

れい

2回目の部屋キャンは、1回目よりも本格的!
プロジェクターがあるかないかで気分が全然違います!

  部屋キャン1回目の様子についてはこちら↓

目次

事前準備

おすすめのメスティン飯の本

 前回の部屋キャンで、その魅力にハマった我々夫婦。
 ゆうが今後の部屋キャンに向けて、『メスティンキャンプ飯』という本を購入してきました。

メスティンキャンプ飯 本
メスティンキャンプ飯 本

 数あるメスティン料理本の中から、ゆうが選ばれただけあって、

  • 80個のメスティン料理レシピが載っている
  • ご飯、麺、肉、野菜、魚介、パン&デザートに分かれていて見やすい
  • 完成後の写真が大きいため、作りたい欲が増す
  • メスティン使用上の注意点や白米の炊飯方法も載っているので初心者も安心

というような見ているだけでの楽しい本となっています。

 この中から、今回の部屋キャン飯を選定しました。

れい

メスティンを最大限生かすためにも、ふたをする料理が良い!

ゆう

中が見えないから、成功しているかどうかがわからないドキドキがあるよね。

 そして決まったメニューが「鮭のバターガーリックご飯」。

 スーパーで鮭と大葉さえ買ってくれば、あとは家にあるものでできそうなメニューです。

部屋キャンを充実させるために用意したプロジェクター

 時間的にも予算的にもお手軽な部屋キャンの最大のデメリットは、自然を味わえないことでした。

 そのデメリットをできるだけ小さくするために、今回用意したのはプロジェクターです。

プロジェクター外箱
プロジェクター外箱
プロジェクター中身
プロジェクター中身

 このプロジェクターで、壁に自然の風景を投影しつつ、自然の音を流そうという目論見。

れい

テントの前が白い壁なら是非お試しください!

ゆう

テレビでも良いですが、プロジェクターのほうが大きく映るので臨場感が増します。

 このプロジェクターは、スマホの画面をミラーリングできるタイプだったので、スマホでYou Tubeを開き、キャンプに合う動画を壁に映しました。

実際に部屋キャンしてみた

キャンプサイトの設営

 まずは、前回リビングに設置したテントの前に、プロジェクターを設置します。

キャンプサイト
キャンプサイト

 今回は夜の実施だったため、電気を消してLEDランタンを灯しました。

夜のテント
夜のテント

 そして、プロジェクターで大自然をリビングに。

投影した自然の風景
投影した自然の風景

 今回投影したのは、チャンネル登録者10万人超えの「kazephoto _ 4 K 癒しの自然風景」さんの動画。

【自然の音と4K 映像】円原川 美しい水景色 木漏れ日の中でせせらぎの音に癒される3時間

 あっという間にお部屋が林間キャンプ場に様変わりです。

れい

YouTubeで「自然 風景」で検索すると、いろいろな動画が出てきます。

APORITOのメスティンで調理

 キャンプ場に無事到着(?)したので、今度はキッチンで「鮭のバターガーリックご飯」を作ります。

吸水30分、実際は50分

 お米を研いでメスティンに入れ、30分間吸水させます。

30分間の吸水
30分間の吸水

 ただ、前回40分吸水してお米が固かったので、今回は試験的に50分間吸水させました。
 ちなみに、この50分を利用して、お風呂を済ませてしまいました。

ゆう

時間を有効活用できるのも、部屋キャンの良いところ♪

炊飯

 ここからは『メスティンキャンプ飯』 の内容に基づいて調理していきました。
 そのため、ザックリとした手順だけを紹介します。

 お米の入ったメスティンに調味料を入れます。
 そして、メスティンをコンロの上に置き、火にかけます。

メスティンに調味料
メスティンに調味料

 調味料がご飯に馴染んだら、鮭を入れて通常の炊飯。
 炊けるのを待つのみ!

鮭を入れて炊飯
鮭を入れて炊飯
れい

手順が少なくて、初心者でも気軽に作れる!

 この『メスティンキャンプ飯』には、加熱時間や火加減が細かく書かれているので、メスティンで炊飯をしたことない人も安心です。
 また、レシピの中では白米の炊飯を応用することが多く、料理を重ねるうちに白米の炊飯ができるようになるのも嬉しいポイント。

盛り付け

 火をかけている間、グツグツとガーリックバターのいい香りが食欲をそそります。
 蒸らしたメスティンがこちら↓

炊飯中のメスティン
炊飯中のメスティン

 見づらいですが、モクモクと煙が立っています。

 そして、いざ御開帳~。

メスティン開封
メスティン開封
ゆう

美味しそうに炊けてる!!

 鮭が生だったらどうしようと不安でしたが、レシピ通りの時間でしっかりと加熱されています。
 お皿に2人分盛り付け、大葉を刻んで添えて完成!

鮭のバターガーリックご飯
れい

おこげが嬉しい!

 サラダとお味噌汁も用意し、今夜のキャンプ飯完成です!
 ちなみに、お味噌汁はAPORITOのステンレスマグに入れて、キャンプ感を上げました。

本日のキャンプ飯
本日のキャンプ飯

テントで実食

 テントの中のミニテーブルに並んだ本日のメイン、鮭のガーリックバターご飯。
 家にある一番良いカメラでも撮影。映えます!

鮭のガーリックバターご飯
鮭のガーリックバターご飯

 そして、実食。

ゆう

鮭がふっくらして、大葉の香りが良い!

れい

今回はお米もふっくら。そして、ガーリックバターの味付けが罪。
さらには、おこげの食感が大罪。

 あらかじめ準備したプロジェクターから流す自然の風景が、キャンプらしさを出していて、キャンプ飯のおいしさをさらに引き上げてくれています。

 部屋は真っ暗なので、LEDランタンとプロジェクターのみの明るさはとても風情があり贅沢
 大満足のキャンプ飯でした。

食後はさらに風景を楽しむ

 食べながら気づいた問題が1つ。
 それは、部屋まで暗くした夜キャンプなのに、昼の風景をプロジェクターで映していたこと。

 そこで食べ終わった後は‥‥、夜空の映像にチェンジ

ふたご座流星群の映像
ふたご座流星群の映像

 ちょうど世界各地でふたご座流星群の観測ライブ中継をやっていたので、ハワイの夜空を流して楽しみました。

れい

静かでゆったりとした時間を楽しめました。

 その後は、焚火の映像にチェンジ。

焚火の映像
焚火の映像
ゆう

贅沢な夜の過ごし方だー!

 LEDランタンに焦点を合わせて、映えな写真の撮影も。

LEDランタンと星空
LEDランタンと星空

 キャンプ飯だけでなく、このように風景も楽しむことができた部屋キャンでした。

まとめ

 今回は実際のキャンプに近い部屋キャンを楽しむことができました。
 その理由としては、以下の3点が挙げられます。

  • プロジェクターで自然の風景を映した
  • メスティンでふっくらご飯を炊飯できた
  • 前回のように電子レンジを使用しなかった

 プロジェクターだと、どうしても粗い映像になってしまうので、家庭用プラネタリウムで星空を投影するのもいいなと感じています。

 しかしながら、プロジェクターの汎用性は抜群!
 部屋キャン以外の用途にも当然使えるので、部屋キャンに悩んでいる方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ゆう

次回はメスティンではなくて、ホットサンドメーカーを使ってみたいと思います!

 




コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる