東京ステーションホテルのロビーラウンジのセットメニューを解説!メニューの写真も掲載!

当ページのリンクには広告が含まれています。
TSHロビーラウンジアイキャッチ

 100年以上の歴史を持つ東京ステーションホテル
 一度は泊まりたいホテルにランクインするほど、高級かつ憧れのホテルとなっています。

 宿泊となると40000円は下らない価格帯ですが、ロビーラウンジならディナーでも3000円ほどで楽しむことができます。

 東京ステーションホテルに10回以上宿泊した中山夫婦が、そのロビーラウンジの雰囲気やメニュー、行き方、おすすめの時間について解説。

 この記事を読むことで、ロビーラウンジの様子を知ることができます。

この記事を読んでわかること
  • セットメニューは手軽な価格帯で量も楽しめる
  • ドレスコードは、百貨店レベル以上
  • おすすめの時間は昼前か昼後。混雑する時間は15時頃。
  • 値段は手軽でもサービスの水準は一流。
  • ロビーラウンジへの行き方は丸の内南口改札から。

 この記事は2023年12月28日時点の情報です。

目次

ロビーラウンジとは?

 東京ステーションホテルのロビーラウンジとは、どのようなレストランなのでしょうか?

ロビーラウンジ看板
ロビーラウンジ看板

 その場所などの基本情報について、まずは解説します。

東京ステーションホテルのレストランの1つ

 東京ステーションホテルは東京駅直結の高級ホテルです。

 東京ステーションホテルには、10以上のレストランやバーがありますが、一番入りやすい位置にあり、値段も手頃なのがロビーラウンジです。

れい

他のお店も利用したことはありますが、1回の食事で福沢諭吉が吹っ飛びます。

行き方:丸の内南口からラウンジ入口へ

 東京ステーションホテルは、東京駅の丸の内側を南北に覆っている横長のホテルです。

東京ステーションホテル外観
東京ステーションホテル外観 (アトリウムの模型より)

 ロビーラウンジへの行き方に困るかもしれないですが、「丸の内南口」の改札からだと屋内を通じて行けるため、雨の日でも安心です。

丸の内南口からの入口
丸の内南口からの入口
ゆう

もちろん、東京ステーションホテルの入口(フロント)からも入れるよ!

ホテルの入口
ホテルの入口は丸の内南口と中央口の間

夜でも手頃な値段のメニューあり

 ロビーラウンジは、東京ステーションホテルの中では唯一、朝から晩まで利用できるレストランとなっています。

 しかも、ディナーの時間帯でも約3000円の「セットメニュー」が選べるという手頃さ。
 その「セットメニュー」の品目は以下の通りです。

セットメニュー
セットメニュー

 「LIGHT MEAL」で紹介されている「セットメニュー」は、ランチとディナーの時間帯に注文でき、約3000円というお値段で前菜やスープまで楽しめます。

れい

料理の名前が1つ1つおしゃれ!

ゆう

確かに2600円~3400円で食べられるんだね!

ドリンクメニューやスイーツメニューが充実

 ラウンジということもあり、仕事の打ち合わせなどで来ている方々も多数のロビーラウンジ。

 そういった方々はドリンクやスイーツだけを注文する場合が多いため、それらのメニューが充実しています。

ドリンクメニュー1
ドリンクメニュー1

予約が必要なのは朝食と限定メニューのみ

 土日祝の昼間や平日の15時頃は大変混み合うロビーラウンジですが、予約ができるのは一部のみです。

 その一部とは、朝食と限定メニュー

 朝食は8:00~9:30に限り予約が可能、限定メニューというのはアフタヌーンティーなどの一部の数量限定メニューです。
 そのため、朝食以外の予約は基本的にできないと考えておきましょう。

ゆう

当初の予定では、朝食を食べて丸の内で朝活! ‥のはずが、朝食の残り予約残数が1で、予約できませんでした。

 予約に関しては、東京ステーションホテル公式サイトから行うことができます。

れい

朝食に関しては、早めの予約が吉です!
公式サイトだと、なぜか予約残数がほとんどないため、一休.comがおススメ!

実際にランチを食べに行ってきた

ラウンジ内の雰囲気

 気になるラウンジ内の雰囲気はこんな感じ。(季節や時期によって装飾や配置は変わります)

ラウンジ内の雰囲気
ラウンジの雰囲気

 朝食会場にも使われる、同ホテル4階のアトリウムとよく似た落ち着きもありますが、1階でロビーラウンジという開かれた場であるがゆえの華やかさもあります。

大きな窓
大きい窓から入る明るい日差し

 ドレスコードはなく、他のお客さんはスーツだったり、カジュアルなパーカー&ジーンズだったり様々でした。
 ただ、場の雰囲気に合わせたいという方は落ち着いたテイストのファッションで行くと良いでしょう。

ゆう

老舗百貨店に行くような装いがちょうど良いかと思います。

 予約のできないランチタイムでしたが、ゆったりとした席に通してもらえるほど空いていました。

 ランチ開始時刻である11:00か13:00合わせると、平日はゆったりと楽しめるでしょう。

れい

逆に、土日の11:00は公式サイトにも「大変混雑する」と書かれるほど混んでいるようです。

ゆう

平日は15:00頃が混んでいます。商談するビジネスマンやティータイムを楽しみに来た人でにぎわい、入口に列ができているほど。

メニュー選び

 我々が注文したのは、前述の「セットメニュー」。

 メイン料理は

  • れい:黒毛和牛と彩り野菜入りカレー(3100円)
  • ゆう:津軽鶏のハーブ風味焼 季節野菜とチーズパン添え(3400円)

でした。

 メイン料理単品だとそれぞれ2600円と2900円ですが、+500円で本格的なスープとサラダも味わえるので、セットにすることを強くオススメします。

アレルギー・好き嫌いの確認

 ドリンクの注文が終わると、東京ステーションホテルの超一流ホスピタリティが、ロビーラウンジでも登場します。

スタッフ

アレルギーや苦手な食材はありますか?

 ブラン・ルージュ同様、ロビーラウンジでも聞いてくれます。
 特にアレルギーについては、念入りに該当食材がメニューに入っていないかを確認してくれました。

 好き嫌いについても、その食材が入っているかどうかだけでなく、調理法まで確認してくれて、美味しく食べてほしいという思いを感じました。

ゆう

キウイが苦手です‥‥。

スタッフ

ご主人のカレーにキウイが少し使われていますので、シェアする際は気を付けてください。

れい

そこまで予測してくれているのか!

セットメニュー共通のサラダとスープ 

 まずはスープとサラダが運ばれてきました。
 この日はビーフブイヨンスープと、ブドウビネガードレッシングをかけたサラダでした。

セットメニューのスープとサラダ
セットメニューのスープとサラダ
れい

スープも野菜たっぷり。
冬のこの時期に体があたたまるメニューです。

 時期によって、スープやサラダの中身は変わるので、時期を変えてまた行きたいです。

参考<2022年1月訪問時のセットメニューのスープとサラダ>
白菜のスープ
白菜のスープ
玉ねぎサラダ
玉ねぎサラダ

黒毛和牛と彩り野菜入りカレー

 まずはれいのメイン料理。

セットメニューのカレー
セットメニューのカレー

 パプリカ、しいたけ、ズッキーニなどによる彩りが美しい!

 スパイスの香りが芳醇で、辛さまで本格的でした。

 また、福神漬けとラッキョウも嬉しいですね。

れい

市販のレトルトカレーで言うと「辛口」以上。
辛いのが苦手な人は要注意。

津軽鶏のハーブ風味焼 季節野菜とチーズパン添え

 お次はゆうのメイン料理。

セットメニューの津軽鶏
セットメニューの津軽鶏のハーブ焼き風味

 こちらはボリューム満点のチキン
 大きなチキンに、彩り野菜やかわいいコロッケ、チーズパンが添えられています。

ゆう

チキンの旨味とハーブの香りの爽やかさが、豊かなハーモニーを奏でていました。

食後のティータイム

 ここからはオプションです。

 せっかくなので、東京ステーションホテルのロビーラウンジでしか味わえないメニューを注文しました。
 れいは緑茶、ゆうは紅茶です。

タイムレスエレガント
緑茶
(タイムレスエレガンス)
紅茶
紅茶
(エバーラスティングストーリー)
ティーコージー
ティーコージー(中にティーポット)

 紅茶や緑茶は、ティーポットで運ばれてくるため、2.5 杯分楽しめます

 しかも、食後に嬉しいフィナンシェ付き(多分メニューの中の「ロンデル」かと思われる)
 

ゆう

紅茶に関しては、アールグレイがベースなので柑橘の爽やかな香りが豊かに広がります。そっと香るショコラが甘すぎず、けれどしっかりと甘い香りなので食後にピッタリ!

 2000円という価格ですが、極上の時間を味わえます!

参考<2022年1月訪問時に注文した「東京ステーションホテル珈琲物語>
コーヒー
コーヒー
(東京ステーションホテル珈琲物語)
れい

コーヒーにすっぱさはなく、苦みもあまりありません。
香り高く、マイルドな味わい。

まとめ

 東京ステーションホテルのロビーラウンジは、良い意味であまり重量感がなく、入りやすい雰囲気です。

 東京駅直結というアクセスの良さもさることながら、カジュアルに、お財布にも手軽に高級ホテルの味を楽しめます

 特に、11:00からの「セットメニュー」は以下の点からおススメ!

  • 値段が3000円前後
  • セットなら野菜たっぷりのスープとサラダも味わえる
  • 質だけでなく量までたっぷり

 土日の昼は混むので、平日の11:00か13:00を狙うとお料理だけでなくゆったりとした時間も楽しめます

 ホテルだからお上品な量‥‥ではなく、お腹をしっかりと満たしてくれるロビーラウンジのランチ。
 泊まるのはハードルが高いけど東京ステーションホテルの雰囲気を知りたい手軽にプチ贅沢を丸の内でしたいという方にはおススメのお店です!

 アフタヌーンティーなどのコースメニューであれば、で予約することで席まで確保できますよ。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次